平和島SG ボートレースクラシック優勝戦

最終更新日


昨日の平和島SG ボートレースクラシック準優勝戦は、各レース1枠の3選手が敗れるという波乱!

しかも石野 貴之、稲田 浩二、毒島 誠の全員が優勝戦に進めない結果となった。

 

今節のボートレースクラシックは、無観客もSGらしい熱戦で予選も僅差だったがそれを象徴する準優勝戦だった。そうした中で優勝戦にコマを進めた6名、歴史に名を残す戦いが今日行われる。

 

最後は楽しんで勝負とは別に舟券を買いたい。

 

吉川 元浩 エース13号機、スタートに集中

坂口 周 コース取りが伸びをいかしたい。

吉川 昭男 行き足は見事な仕上がり、気になるのはコース

守田 俊介 自分のスタイルいかせる出足、回り足

福来 剛 平和島の外枠で真っ先に頭に上がる。

柳沢 一 昨日の2周2マークは立ち上がりが凄かった

 

先一昨日はプラスもミスがスッキリせず、それが原因か分からないが一昨日の完全負け。昨日も4参戦、1的中、しかも3連続外しで2階が嫌な外し方。マイナスが大きくならないうちに止め。

流れを変えるべく今日は!

 

平和島3レース 憂さ晴らし

3-6-125  3-4-156  3-15-6  3-2 

平和島4

平和島9

浜名湖3

びわこ6

が選んだ全てのレース、これで勝負予定! 

あとは展示後に、今日のレースで

 

 

 

 

 

bsio