びわこ優勝戦(振り返り)

最終更新日

昨日のびわこ優勝戦は湯川の優勝で幕を閉じたが、レースを振り返ることは大事と思っている。次節のエンジン評価にも繋がるし、似たレースの参考になる。

 

優勝戦はピンロク勝負になるだけに、普段以上にスタートが大きいと思っている。

 

湯川の1枠の強さ

準優のこともあり菊池のスタートは警戒

機力はその菊池が劣る

魚谷が準優に不覚を取っている

丸野の魚谷を負かした足とスタートのプレッシャー

 

この辺りポイントと見ていた。

 

展示後に

機力評価は変わらず。

仕掛けは3枠丸野に対して壁が廣瀬。廣瀬の上を行くのは厳しいと判断で捲り差し。

丸野のプレッシャーで湯川が握った場合に廣瀬の差し。

インが敗れるならこの展開とみて

3-1-24

2-1-3

魚谷の頭をどう見るか?1マークの展開で頭までは、F持ち、4コースということで確率は低いと見た。

やはり廣瀬の壁は強固でイン逃げから機力上位へ

1-234-234

菊池は捲り差しても機力足りずとみてパス、久田も枠が遠くないと判断した。

丸野は1マークで握りすぎ?舟が跳ねた分サイドのかかりが遅れ、舟券から消えた。気合は感じたが!

 

この後は平和島のSGを楽しみたい。

 

その前に

 

常滑7レース

常滑7レース

インの笠井は腕、機力が劣る、壁役の犬童もF持ち。機力良い山本に気配良化の蜷川のセンターの展開か?

機力抜群の倉田がどう絡むか、他の機力評価は?

展示をみて今日のレースに

bsio